2012/08/31

BLUE MOON

今日で8月も終わりです

6月と9月にはさまれたのが夏じゃない

と大好きなバンドが歌ってました

しかし、夏が大好きな自分としては少し寂しい感じです

そんな中今夜はこれが見れるみたいです



















BLUE MOON

蒼い月です

これは決して月が青くみえるのではなく

一ヶ月に2回満月が見れるという減少です

数年に一度見れるといわれる基調な月です

東京では23時35分に真南に来るようです

英語でも

Once in a blue moonという言葉があり

見ると幸せになるといわれてるみたいです

是非今夜は夏の終わりに星空の下お酒を交わすのもいいかもしれません

ちなみに今回を逃すと次回は

2015年7月31日のようです

余談でしたが本日も営業しておりますので

是非ともご来店ください


http://niteklub.jp

2012/08/30

Magazine Info.






















雑誌の掲載情報です

「Men's FUDGE 10月号(松田龍平さん表紙)」の

83ページにN Sunner Jacket Stripe. Blue

125ページにN Vneck Poodle Knit .Orangeが

掲載されています

是非ご覧ください



http://niteklub.jp

2012/08/29

OBLIGADO Recommend Item.

RUDO 10月号にてNITEKLUBの

来期「OBLIGADO」のアーカイブが特集されています

その中で問い合わせの多いアイテムを少しずつご紹介します

N Cossack Jacket. 31,500yen




















モデルカットで着用されているモールスキンのコサックJKT

裏地にはウール素材を使用し防寒性も備え

脱いだときも主張を欠かさないジャケット

しっとりとした生地の表情はレザーのような風合いも持ち合わせ

上品な1枚に仕立てています




















掲載色のベージュのほかにもブラックもあります

こちらの裏地は赤を使用しておりまた違った印象に仕上がっています










































着込んでいく楽しみもありこの冬活躍しそうなアウターです

現在掲載のアイテムは9月中旬より順次デリバリー開始予定です

予約やアイテムのお問い合わせは

info@niteklub.jp となっております

お気軽にお問い合わせください


http://niteklub.jp




2012/08/28

Last Note

におい

ある記憶をにおいで鮮明に思い出すこと

誰にでもあると思います

嗅覚は五感の中でも最も原始的で本能的な感覚と言われています

脳内で匂いの情報を処理する場所と感情を司る場所が同じ大脳辺縁系なので

においで鮮明に記憶が蘇ると言われています

「F.C.S.A」でもショップのフレイバーがあり

お客様にも良く店内のにおいについて聞かれることがあります

是非、店内に入り香りを感じてください

話は変わりますが

代官山に「香り」のショップがあるのをご存知でしょうか?

LE LABO






















ニューヨークを拠点とするフレグランスブランド「LE LABO

その直営店が代官山にもあります

香水が人に触れ10分ほどは「トップノート」という

その香水そのものの香りが続きます

そしてその後に少し香りが馴染んだ

「ミドルノート」が数時間続き

最終的にはつけた人のにおいと混じった香り

「ラストノート」へと変化します

朝に香水をつけ夕方にはにおいが

何か違うと感じたことがあるかと思います

これはこのような流れがあるようです

「LE LABO」のフレグランスは

「トップノート」と「ミドルノート」の香りの計算は勿論

その人の香りと融合する「ラストノート」に注力しています

その工程はNITEKLUBの必要以上な加工をせず

その人の手によって

世界にひとつの服にしていくという工程に似ています




























そんなことから、個人的にも使っているフレグランスのブランドなのですが

先日、「SANTAL 33」というF.C.S.Aでも使用している香りの

発売1周年を記念したパーティーへお邪魔させていただきました
















































また当日はLE LABOらしいカクテルも振舞われ

素敵な夜でした



























代官山にお越しの際には是非足を運んでみてください



「LE LABO 代官山」
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿西1-35-2

「F.C.S.A」でもSANTALのキャンドルありますので

是非、香りを楽しみにきてください

本日もご来店お待ちしております



http://niteklub.jp


2012/08/25

8.25.朝日

昨日は夜の海にへ行き

色々なことを考えました

星が以上にきれいで

これはもしかしてと思い

車をある場所に走らせ

横浜の大さん橋に到着

2012/8/25 AM05:07











































毎日は繰り返してるだけではないことを改めて感じた朝でした

そして自然の美しさは媚びない

本日もご来店お待ちしております



http://niteklub.jp


2012/08/24

Magazine Info.



























本日発売の「RUDO」10月号(山田孝之さん表紙)にて

NITEKLUBが2ページ(P138~)にわたり特集されています

このように大々的に雑誌掲載があるのはかなり久しぶりです

ページでは来期「OBLIGADO」のアイテムと

スタイリングを西村剛さんが担当していただき

また違った一面のNITEKLUBが見ることができます

他にもアイテムでいろんな場所に掲載があるので

是非ご覧になってください



http://niteklub.jp

OLDNEW





















Shirt : N Open Collared Shirt 05 NITEKLUB

Pants : Navy Sailor Pants East Germany


2012/08/23

Facebook限定クーポン。

今日も引き続き暑さが続いていますので

水分をこまめに摂って熱中症には気をつけてください

現在、「F.C.S.A」のFacebook限定のクーポンが発行されています



























目印はこの赤いクーポンです

こちら→→F.C.S.A Facebook Official Page←←

上のリンクからFBのオフィシャルページにとべますので

そこから取得できます

NITEKLUBのアイテムがすべて20%OFFです

また、月曜夜のMIDINITEですと30%OFFになるクーポンです

残暑厳しいですが夜は涼しいので是非とも遊びにきてください

お待ちしております



http://niteklub.jp

2012/08/22

尾錠



























NITEKLUBのデニム「TRUEBLUE」には

尾錠(シンチバック)とよばれるクラシックなディテールが在ります

これはベルトループが存在しなかった時代に

サスペンダーボタンと共にデニムを体にフィットさせる役割として

存在したディテールなのですが

簡素化が進んだ1940年代頃より徐々に消えてしまうディテールです

現代ではクラシックなデザインとして採用されていることが多くあります

しかしNITEKLUBのTRUEBLUEではこの尾錠が大きな役割を果たします

TRUEBLUEの特徴としてサイドのセルヴィッチが

ウェストのベルト部分まで続いています





















現代のデニムの殆どがヒップ部分に沿ったカットになっています

セルヴィッチが続いているということはヒップに沿ってはおらず

直線であるということです

これは刷いた際独特なシルエットになる他に

着込んでいくことで自分だけのヒップラインが完成します

その過程を「SHRINK TO FIT」と呼ばれる工程になります

これもまた自分だけのデニムに仕立てるという役割があります

その際に必要なのが尾錠になります

ヒップの丸みが無いデニムなので尾錠で調節しヒップを作る役割をします




















はじめは平面なデニム(左)も使っていくと右のように尾錠でギャザーが寄り

丸みを帯びていきます

そんな役割を果たしている尾錠ですが

もう一工夫されています





















尾錠の裏面を見てみると尾錠がボタンで留まっています

これは尾錠自体を取り外しできるということなのですが

洗濯の際にデニム自身や他の衣類などを傷つけてしまう恐れがあるので

それを解消するためのでいぃテールです

旧いものでも同じようなディテールが存在していますが

当時の理由としては脱水機にあるようで

当時、1940年以前の脱水機は写真のように

木の間に挟み水を絞るという過程のものでした



























この隙間では尾錠が入っていかないので

取り外しが可能になっているものもあったようです

他にもカバーオールのチェンジボタンなども同じ理由にあります

そんな経験からの合理的な心遣いが心をくすぐりますね

そのような当時の風を吹き込んだクリエーションをしたデニム

TRUEBLUE

是非とも実際に手にとってご覧ください

本日もご来店心よりお待ちしております

http://niteklub.jp

2012/08/21

T.G.B

NITEKLUBの定番のデニム

「TRUEBLUE」

デニムの象徴とも言えるのが

後ろのウェスト部分についているレザーパッチ

1886年にご存知Levi'sが品質保証のためにつけたのが

レザーパッチの始まりといわれています

NITEKLUBのTRUEBLUEのすべてにも

ウェスト部分にもレザーパッチがついています

焼印ではなく刻印で文字が打たれています

それはNITEKLUBの意図はメーカーを表すタグの役割というよりは

ある意図が込められています

リジッドの新品のものを見ても刻印が少しだけ薄く感じます

しかしこれはNITEKLUBのコンセプト上の意図的なもので

穿きこんでいく過程でこのように変化してしていきます





















これはまだ辛うじて刻印が見えていますが

NITEKLUBのデニムは最終的に自分だけのデニムになるという意味を込め

NITEKLUBから各個人へデニムが渡り穿きこんでいくにつれて

NITEKLUBの刻印が消え平らなパッチに自分だけの傷や汚れが付着し

自分だけのデニムになるという意味合いが込められています

ですのでポケットのステッチなども敢えて

個性を出さないようなデザインになっています



























NITEKLUBの「TRUEBLUE」は店頭に置いてある段階では

未完成の商品になります

お客様の手に渡って穿いていただき

初めて完成するデニムになっています

スタンダードなものだからこそこだわりがあります

是非店頭でご覧になってください



http://niteklub.jp




2012/08/19

2012/08/17

Mgagazine Info.



























只今発売中の「2ndセカンド10月号」のP63にて

NITEKLUBのN Squair Pocket Shirt.が掲載されています

是非ともご覧ください



N Squair Pocket Shirt. 16,800yen




























本日も皆様のご来店心よりお待ちしております



http://niteklub.jp

2012/08/15

0815

暑い日が続きます

今日も代官山「F.C.S.A」は変わらず営業しておりますので

是非とも遊びにきてください

そんな今日8月15日は皆さんご存知の通り

67回目の終戦の日です

そんな67年前の今日の東京も最高気温32.3℃

当時、天気予報も軍事機密として公表されていなかったのですが

当時を知る方はその日はよく晴れていたと云っていました

日本国民にとっては初めての屈辱ともいえる出来事でした

しかしそれは平和への第一歩でもあり今日につながっています

あまり戦争や平和などこうゆうことを書くと

どこかの宗教か、などと

色々と不信感を覚えてしまう人もいるかと思います

自分は決して、どっちよりでもどこに属しているわけでもないのですが

自分も含め今の日本人には

このつい67年前の出来事をあまりにも理解していなと思います

もっと広い話をすると

今いる自分の場所があること

少し目を離して見てみれば色々な人の存在があります

そんな存在や出来事を大切に糧にしていってほしいと思います

何でもそうです

何でも手に入る世の中で本来、使えるものたちも

恰も使い捨てのように扱い

少しでも自分の意図と違うと

そのものを手放す

それは服でも食べ物でも何でもそうであると思います

時代は常にめまぐるしく変わっていきます

その外側で気流にのまれるれるのではなく

その軸にしっかりつかまってめまぐるしいものを見つめること

大切なことです

いち洋服屋のブログでこのような内容は不適切かもしれませんが

服というものを通じて色々なことが伝えられたらという思いがあります

今日8月15日

少しだけでも今自分のいる国のことを考えてみましょう























http://niteklub.jp







2012/08/13

帰省のとき

お盆休みの方も多いのではないでしょうか

代官山はいつもより少し静かな感じであります

いつも遊びにきてくれる人たちも帰省している方が多いようで

少し寂しいです

しかし、地方にもNITEKLUBのあるショップがあるので

帰省のタイミングでご紹介します

※それぞれのショップのサイトへとべます

□RIVET(宮城県)

□PUNANNY(山形県)

□REHAB(新潟県)

□CHECKER(富山県)富山県砺波市本町8-30-1 TEL:0763-33-5785

□strumm(三重県)

□COATCARD(京都府)

□FRONT(大阪府)

□VOLUME'(岡山県)

□TURRET14(福岡県)

□EMILIANO(熊本県)

□GNARLY(宮崎県)

□A LITTLE STORE(沖縄県)

どのショップもとてもこだわりある芯の通ったお店ばかりです

帰省先のお近くの県のショップがございましたら

是非ともお立ち寄りください























http://niteklub.jp

2012/08/12

Khaki

N Work Trousers. 14,700yen





















昨日もお話した「チノパン」の話の続きを

NKではベージュの他にカーキ、ネイビー、ブラックと展開があります

しかし、元々チノパンの原点ともいわれるチノクロスのパンツは

実は色が白なのです

遡ること19世紀末

インドに駐屯していた英軍指揮官ハリー・ラムスデン氏という人物がいます

Harry Lumsden



























彼は指揮官ということもあり常に身なりに気を使い

植民地を君臨する権威を保たなければなりませんでした

しかしインドという土地柄、白いパンツはすぐに埃などで汚れてしまい

当時のラスムデンの悩みでもありました

そしてある日彼は桑の実を絞ったジュースに

カレー粉とコーヒーを混ぜその中に白いパンツを漬け込みました

そして白い生地は金茶色になりました

この色だと多少の汚れも目立たず軍としても白より「迷彩効果」があり

かなり画期的な色として

「ブリティッシュカーキ」と呼ばれるようになりました

現代では世界のミリタリーとして基本色のひとつとなっています

ちなみにカーキとはヒンズー語で土という意味ですが

インドの国土は広大でそれぞれの地によって土の色は異なり

これがカーキという決まった色調も無いようです



























カーキという色の由来は意外なとこにありました

現代における服というものは知らず知らずと浸透しているものでも

ミリタリーから由来しているものが多くあります

本日もご来店お待ちしております



http://niteklub.jp

2012/08/11

Chinos

今日はこのパンツを紹介します

N Work  Trousers. 14,700yen



























このパンツを見て大体の人が「チノパン」と呼ぶと思います

今となっては定番中の定番のこのパンツ

この歴史にも触れておきたいと思います

まず「チノパン」に使用される生地は「チノクロス」というものが使用されます

しかし今回NKで使用している生地は

「ウェポン(=ウェストポイント)」というものになります

織りの組織も似ており現代では区別なく「チノパン」と総称されることが多いですが

生地の違いを洋服屋として違いを述べておこう

まずウェポンはチノクロスと比べると上品な光沢とハリがあります

これは織る工程で違いがあり

原則として画像左のチノクロスは単糸の左綾織り

画像右のウェポンは双糸の右綾織りとなっています

※拡大すると良くわかります















ウェポンは生地の打ち込みが多いため光沢とハリが出るのです

丈夫なコットンツイル地なのです

ではチノパンの「チノ」とはどこから来た言葉でしょう

洋服屋でしたら知っていて当然ですが

これは「中国」の「China」から由来します

遡ること18世紀

インドの輸出用特産品として、当時東インド会社の権利を

引き継いだイギリスにより

かなり安価な綿織物がイギリスに流れ

本来、綿織物産地のマンチェスターが大打撃を蒙ることとなりました

つまりこの「チノ」がご存知産業革命のきっかけになったのです

庶民の衣類としては浸透してましたが

より有名となったのは軍服で使用されたことで

やはり「戦争」が関わってくるのです

第一次世界大戦時、当時のアメリカは米西戦争にも勝利し

フィリピンに乗り込む際

フィリピンは気温が高く冬季の装備のままの米軍には暑すぎて

イギリスにインド製のツイル地を中国経由でフィリピンに送ってもらい

そこで現地のアメリカ兵たちにチャイナがなまって

「チノ」と呼ばれるようになったのです

現代ではデニムと並んで定番のアイテムとなったチノパン

チノパンの本質も、はやり元を辿ればミリタリーにありました

書いていても興味深くなるパンツです


http://niteklub.jp




2012/08/09

Good Time.

先日、お休みをいただき伊豆へ行ってきました



































































































空にも海にも健にも友にも恵まれた空間

最高に良い時間でした


http://niteklub.jp

2012/08/08

TRUEBLUE

本日はNITEKLUB&CO.の定番デニム


「TRUEBLUE」を紹介します

TRUE BLUE(STANDARD) 19,950yen






























「TRUE BLUE」という名前のついたデニム

その意味には「志操頑固な人」という意味合いがあります

これは17世紀スコットランド王党派と反王党派の争いで

ジェイムズ二世率いる王党派は赤い服に身を包み

それに対して反王党派のカヴェンタナー(盟約者)が青い服で身を固め

団結を誓ったことから由来しています

そんな自分を曲げない「志操頑固な人」のような

デニムの誕生でした

このデニムで使用している生地は国産のもので

吉河織物株式会社(岡山)が総合企画開発担当

紡績糸を倉敷株式会社(岡山)が担当

そして染色を坂元デニム株式会社(広島)

のデニムに由緒のある県3社の共同開発により誕生したこだわりある生地です

70年代の日本

当時、まだジーンズとゆうものがあまり浸透しておらず

アメリカの開拓時代に思いを馳せた日本人は

「仁斬」と当て字をし「ジンズ」として日本にジーンズを浸透させていました

その時代に初めて国産で作られた生地を再現したものとなっています

14ozのセルヴィッチの生地は

手にとってみるとムラ感と凹凸が何ともいえず執物な拘りを感じます

現代において非効率的な旧シャトル機で手作業で織り

糸にストレスを与えないためこのような独特な表面の生地に仕上がります




























セルヴィッチ部分も生地端が不均一で雰囲気が出ています





















仕様にも随所にこだわりがあります

シルエットはストレートでウェストベルトまで真直ぐのシルエットはとても珍しいです

そのため穿くと腰周りがすっきりしています

コインポケットにもセルヴィッチを使用したり

フロントはボタンフライ仕様でボタンはドーナツボタンを使用しています

袋布には毎回生産時に生地が変わっており

画像の生地は3代目の「TRUEBLUE」の生地になっています

リジッドの状態から洗ったり穿きこんでいくことで自分の形になる

「SHURINK TO FIT」のデニムになっています

レザーパッチも同様で、型押しになっており

洗って穿きこんでいきとこの型押しが消えていきます

そうなったときに自分のデニムに仕上がるという意味が含まれています





















また後ろ中心のベルトループは斜めについています

仮に後ろ中心にベルトループをつけると

8枚分の生地の厚みを縫いこむことになります

これは、現在のミシンではこの厚みの生地も縫えますが

昔のミシンではこの作業は困難で

ヴィンテージのデニムではこのように斜めに付いているデニムを目にすることがあります




























また現代ではベルトループの一派化で消滅してしまった

「シンチバック」ですが旧式の針尾錠を使用しています

しかし針部分の突起で洗濯の際に他の衣類などを傷めてしまう可能性があると考え

尾錠裏にボタンを付け取り外し可能にしました

ですので洗う際は取り外すと洗濯も安心です




























元々「LOOSE」のみの展開でしたが現在では3種類の「TRUEBLUE」があります

左の「FIT」は脚のかたちがきれいに見えるモデルで

「LOOSE」は太ももから裾にかけワイドなシルエットになっていて

その中間の最も穿き易い「STANDARD」

サイズも29インチ~36インチまで幅広く展開しています

本日も天気が良いので是非ともお待ちしております



http://niteklub.jp







2012/08/06

好きなもの

大好評をいただいておりました

「Liber-Tee Archives&Exhibition」

も本日で無事終えることができました

地方からも足を運んでいただいて本当に嬉しく思います

自分たちとしても今までの「Liber-Tee」というアイテムを

思い返して懐かしく思いました

元々NITEKLUB立ち上げ当時に

ただのプリントブランドにはしたくない

けれどやはりプリントものはかっこいいし着てしまうし好きだなぁと

ガキのような矛盾した考えの中

せっかくTシャツやるなら無いようなタフなボディを作りたいという話になって

元々古着が好きでヴィンテージのTシャツのムラ感が一番好きだけど

薄いスラブコットンが大半で透けちゃう

でもあのスラブにプリントがのった感じも大好きで

更には着込んでいくとプリントが生地に馴染んでいく様も好きで

じゃ糸は華奢でその分目付けをしっかりして

思いっきりタフなスラブコットンにしようという結果になりました

そんな「若さ」と「好きなもの」から生まれた大切なボディです

スタンダードなアイテムにしていければと育ててきました

そして少しずつではありますが共感していただける方々に出会い

その方々の手によってより育てていただき

今回このようなイベントに辿りつきました

もちろん、今回初めてこのボディを見に纏う方もいると思います

是非感想などお聞かせください

NITEKLUB自身もそうですが

みなさんと一緒に成長していくブランドだと今回改めて感じました

まだまだ世に出ているメーカーさんたちには頭が上がりませんが

自分たちなりに常に精一杯「洋服」に精神を注いでいます

今後も「NITEKLUB」はじめ代官山のコンセプトショップ「F.C.S.A」も

色々と皆さんに喜んでいただけるように色々と常日頃日々を歩みます

これからもNITEKLUBのクリエーションを見守っていただければ嬉しく思います

本日もご来店のほう心より感謝申し上げます

ありがとうございました



















http://niteklub.jp

2012/08/03

Liber-Tee Exhibition.

好評をいただいております

「Liber-Tee Archives & Exhibition.」も

残すところあと3日となりました

今日はNITEKLUBの来期「Obligado」より先行予約受付中の

「Liber-Tee」をご紹介します




















また、今回特別にグラフィックとボディを選べる

セミオーダーも行っております

また期間中にオーダーいただきますとノベルティを差し上げております

週末は是非とも「F.C.S.A」にお越しください

心よりお待ちしております


http://niteklub.jp

2012/08/01

Liber-Tee Recommend.

今週末(5日)まで行われてます

「Liber-Tee Archives & Exhibition.」

おすすめのTシャツをご紹介します

<CRUSTIC>
Liber-Tee Pocket Boots.  6500yen5000yen ※イベント期間中特別価格













































<ALIVE SHOW>
Liber-Tee Pocket Horse.  6500yen5000yen ※イベント期間中特別





















































<CRUSTIC>
Liber-Tee Pocket .Barber  6500yen5000yen ※イベント期間中特別価格















































<LINE>
Liber-Tee Crew Wingfoot  6500yen5000yen ※イベント期間中特別価格



















































<ALIVE SHOW>
Liber-Tee Vneck Star.  6500yen5000yen ※イベント期間中特別


















































<LINE>
Liber-Tee Pocket Stamp.  6500yen5000yen ※イベント期間中特別価格


















































































他にも過去のアーカイブより再販されています

サイズ欠けなども多くなってきたので気になる方は

お待ちしております



htt://niteklub.jp