2015/03/11

Pray.

いつも通りに起きいつも通りに過ごす

その「いつも通り」の感覚

平凡なことや当たり前だったこと

いつも言葉を交わす人やすれ違うひと

そんな「いつも通り」の出来事

今日は少し考えてみてもいいかもしれません

これは震災後にわたしたちがブログにて記したものです

今日はあの日から4年とう月日が経ちました

あの頃産声を上げた赤ちゃんも今では4歳

そのような光景を見ると時間の経過を感じます

今の日本という国は世界で見ても本当に平和な国で

平和=当たり前という感覚があるのは自分を含め事実です

これは誇るべきことでもありますが

ふと視野を広げてみると世界情勢は決して平和とは言えません

そんな中、日本に起こったあの悲劇は

ひとりひとりの価値観が変わったことは確かです

国内でチェルノブイリと同じような規模の場所があり

震災ではたくさんの人の命と日常を奪いました

東京を見ると4年後の今日はあの日以前と殆ど変わりません

しかし、東北の震災被害を大きく受けた人々は未だ仮設住宅へ住んでりいる人も多く

当時の非日常が4年続き日常へとなっているようです

そんな人々の顔にも笑顔が少しずつ戻る様子を見て

人間の強さ改めて感じました

自分自身ももっと今の状況に感謝し

止まることなく続けていこうと感じました

http://niteklub.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿