2013/09/02

simple.

料理の過程で料理人の腕前で味付けや盛り付けなどで

おいしい食べ物が出来ます

しかし個人的にやはり脳裏に焼き付くような印象に残る食べ物は

シンプルなものであり素材が良いものです

新鮮な魚の刺身、獲れたての野菜のサラダなど

たとえ高価なものでなくても素材が良くシンプルな味付けのものが

飽きも来ず好みます

これは日本人に特に強い感覚なのかもしれません

「料理」の過程で手間隙をかけるより「素材」の段階で手間隙のかかったもの

例え視覚的には良くても五感は嘘をつけません

NITEKLUBの服作りも

「生地」という素材選びは要となっています

そして過剰な加工やデザインは含まず素材を生かしたシンプルな服作りをしています

ひとつの服の型で数十種類の生地を並べ型との相性は勿論

生地そのものの本質をじっくり比べ選んでいきます

またNITEKLUBの服は着こんでいく過程を想像し

その服のオーナーと末永く付き合える飽きの来ないデザインを追及しています

勿論飽きが来ず着れる服ということは素材がしっかりしていないと成立しません

なのでNITEKLUBの服作りでは

「生地」という素材が要となります



























デニムにおいては特に「生地」が重要で要であると考えています

上の3種類のデニムもこのようにじっくり見てみると

誰でも違いがわかると思います

これは「No Man's Land」アーカイブのあるアイテムを作ったときの

生地の最終段階の写真です

それぞれのタイプの生地を数十種類集めひとつひとつ比べ

選んでいきます

今回この中のデニムを使いパンツを作成しています

これは生地から縫製パターンにおいて特に力を入れたアイテムです

しかしシンプルゆえこのアイテムは今季あまり手にとられることはありません

この事実は今のアパレルの現状を考えると仕方ない部分でもありますが

見た目の良さより本質の良さを肌で感じて欲しいので

この行為を貫いていきます

使い捨てのようにモノや事を繰り返す人が多い現代に嫌気さえ感じます

末永く着れる服はどこにいってしまったのでしょうか

NITEKLUBが何故、旧い時代に誇張する理由

これも生地に重要な役割があります

このパンツを穿きこまれ経年変化をしていったとき

その人だけのパンツになるのがNITEKLUBの服作りの本望です





















また本日「F.C.S.A」は月曜恒例MIDNITEです

是非ともお待ちしております


http:/niteklub.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿